カテゴリーアーカイブ: 餞別は死の香り

餞別は死の香り

餞別は死の香り
本文の前に、「巻頭文1と2」を書くとにした。その理由は、本文が膨大とな
り、読解するのに時間が係る事を考慮した点と、イギリスの“チャールズ皇太
子”の訪問地が全て、日本国内と米国を始め世界中で、テロ活動の [...]

カテゴリー: 餞別は死の香り | タグ: | コメントは受け付けていません。