真珠湾攻撃から所沢市「芙蓉会 富士見産婦人科病院事件」まで パート57

真珠湾攻撃から所沢市「芙蓉会 富士見産婦人科病院事件」まで パート57

目 次
第69章 日本と世界の架け橋 禅僧“ネルケ無方”その16

第69章 日本と世界の架け橋 禅僧“ネルケ無方”その16
 はじめに、次のニュースを解説して置きます。

 2014年6月18日政治テレビドラマ『水戸黄門漫遊記』
作家:十辺舎一九(東海道中膝栗毛)
舞台:東京都議会の本会議
演目:『セクハラやじー産めないのかー』
水戸光圀:みんなの塩村文夏(あやか)議員(35)
   台詞ー記者団に「犯人捜しで判明するよりも、(発言者は)
      自ら名乗り出てもらった方が私も少し心の傷がいえる」
佐々木助三郎:自民の鈴木章浩(あきひろ)議員(51)
   台詞ー「自分が早く結婚すればいい」「産めないのか」
渥美格之進:自民党 石波 茂幹事長
    台詞ー21日の読売テレビの番組で「誰であれ『自分でした』と
       言っておわびすべきだ。仮にわが党であったとすれば、
       党としておわびをしなければいけない。
うつかり八兵衛:自民党 石原伸晃環境相
    台詞ー「最後は金目(かねめ)でしょ」(中間貯蔵施設)
       「深く反省している。町民(福島県大熊町 渡辺利綱町
        長)に不快な思いをおかけし、心からおわびしたい」
       「品位を欠く表現で、お金で解決すると受け止められ、
        厳しい意見をいただいた」
       「人間として問題がある」
かげろうお銀:自民党の野田聖子総務会長
    台詞ー21日の記者会見で「とても不愉快。成長戦略の一丁目一
       番地は女性の活躍。仮に自民党議員のヤジであれば、
       安倍晋三首相の成長戦略を否定しかねない発言だ」
風車の弥七:みんなの両角穣幹事長
      <拓殖の飛猿に抗議した>
拓殖の飛猿:自民の吉原修幹事長
    台詞ー「各会派が品位を持って臨むべきだ」
悪代官:舛添要一都知事(非嫡出子に養育費を未払い)
    台詞ー「女性の尊厳をおとしめるやじは断じて許すべきでない」
村役人:麻生太郎副総理兼財務相
    21日宇都宮市であった自民党栃木県連の会合で、
    集団的自衛権に言及。
    台詞ー「勉強ができない、けんかが弱い、金持ちの子、これが
        いちばんやられる」
       「学校で一番いじめられるやつっていうのは、けんかが
        弱い、勉強もできない。しかも貧しいやつ。三つそろ
        ったら丸腰」
皇居村の胤馬:郷ひろみ(58)
        <23日長男、次男となる双子が誕生 
          体重は2人で“ゴー、ゴー”>
         妻 利奈さん(34){旧姓:徳武、プロ野球の国鉄
        (現ヤクルト)などで内野手として活躍した徳武定祐
         氏(73)の次女。} 
        台詞ー「母子ともに、とても健康ですよ!」
           「実際に子供たちに会った時に、大きな幸せと
            同時に、この上ない喜びを感じています」
           「これから二人で一生懸命に子供たちを育てて
            いきたいと思っていますので、温かく見守っ
            ていただければありがたいです」

以上の様なニュースの流れであります。
都議会の議員の台詞を台本形式で書くと、都議会「セクハラ発言劇場」の緞帳の裏で何が話し合われているのかが良く理解できると思います。この6月18日<舞台:東京都議会の本会議、演目:『セクハラやじー産めないのかー』政治歌舞伎>の云わんとしている所は、皇室の後継者問題で、その中でも「伊勢神宮の現神人」となっている「内親王 黒田清子」(紀宮 のりのみや殿下)の戸籍上の夫である、東京都都市整備市街地整備部課長“黒田慶樹”との間に子供が出来ない事に関する『皇位継承権問題』について、<みんなの塩村文夏(あやか)議員(35)と、自民の鈴木章浩(あきひろ)議員(51)>夫婦漫才を演じている訳である。つまり、一般的には塩村文夏(みんなの党)と鈴木章浩(自民党)の関係は、“白亜の恋”で有名な「松谷天光光(労農党)と園田直元外務大臣(自民党)の様な関係(不倫関係)にあるから、こういった永田町(国会)型の芝居が出来る訳である。日本の議会では対立関係は存在しない。国民はマスコミの扇動で対立構造を見せられているが、中身は同じ穴の狢である。
今回、「セクハラ発言劇場」の舞台を国会議事堂内とせずに、都議会としたところが、創価学会の大衆演劇と云うわけである。つまり、皇位継承問題での鍵は創価学会にあると云う意味である。都議会の過半数は公明党=創価学会員の票だからである。
そして、23日に芸能人“郷ひろみ”(58)と妻利奈(34)の間に男の双子が誕生したと云うニュースになるのは、毎回申しますが、郷ひろみと清子(紀宮)内親王の間には2人の子供が居て、戸籍簿上では、元妻“二谷友里恵”(二谷家)に入っている訳である。何故?清子(紀宮)内親王が「伊勢神宮の現人神」として祀られるのか?と云う問題は、清子(紀宮)内親王の胤が常陸宮仁親王で、母体が美智子皇太后(現在は影武者)だからである。明仁天皇は、香淳皇太后(良子。西郷隆盛の血筋)と原田祖岳の間に出来た子供だと云うことは再三申し上げて来た通りである。それは、伴鉄牛老師が原田祖岳の侍者をしていた時に、原田祖岳の信者さんだった三菱家の人が、良子皇后の身の回りの世話を永くしていた女官長だった関係で、伴鉄牛老師に話された訳である。つまり、裕仁天皇と良子皇后の間に出来た唯一の男子は常陸宮仁親王ただ一人と云うことである。その常陸宮仁親王の血を受け継ぐ、清子内親王の子が伊勢神宮に納まれば、皇居の天皇家は無くなっても、血の関係には無関係で系図上は天皇家が伊勢神宮を継承すると云う考え方である。だから、東日本大震災の復興資金が足りなくても、伊勢神宮の境内整備と増改築費に200億~300億円を政府は支出する訳である。国民の生活は無視している訳である。だから、増税だけは10%でも20%でも議会を議論なしで通過させる訳である。
皇位継承問題で云えば、明仁天皇とエイザベス・バイニング夫人(教育係、アイルランド生れ、クエーカー教徒)との間に出来た「モーラ祖心尼」が、日本に入国できた理由は、鈴木貫太郎の長男が外務省出入管理事務の長をしてる関係で、東照寺国際参禅道場に修行に来ていた訳だし、その弟も明仁天皇の血筋な訳である。今や系図上の正当な天皇家はアメリカ側で生活しているのである。それなら、伊勢神宮をアメリカのワシントンに移築すれが、新渡戸稲造以来、日本側の望む「太平洋の架け橋」が出来る訳である。伊勢神宮の御神体はホワイトハウスの隣にある。そして、アメリカ人は独立記念日にアメリカ国内に移築された、伊勢神宮や明治神宮や靖国神社で柏手をうって古式ゆかしく和服で参拝することになる。これがユネスコの世界文化遺産登録事業である。
それで、アメリカ大統領 ケネディーと山本富士子の間に出来た“藤圭子”が偽装自殺を演出しておいて、孫“宇多田ヒカル”は外国人と結婚してアメリカでバイリンガルな生活をする。藤圭子と明仁天皇の間に出来た男子は巴工業の「山口家」の戸籍に入って居るが華族の血筋と結婚すれば、皇位継承もかんがえられなくもない。
 そして、久々に登場した<村役人:麻生太郎副総理兼財務相が、21日宇都宮市であった自民党栃木県連の会合で、集団的自衛権に言及して、台詞として「勉強ができない、けんかが弱い、金持ちの子、これがいちばんやられる」、「学校で一番いじめられるやつっていうのは、けんかが弱い、勉強もできない。しかも貧しいやつ。三つそろったら丸腰」だと云うのだが、安倍晋三にしても麻生太郎にしても公明党議員団にしても、集団的自衛権の仮想的国は中国なのだろうか?韓国なのだろうか?ロシアなのだろうか?アメリカなのだろうか?それとも全世界が仮想的国なのだろか?例え何処の国であろと、日本の場合は第2次世界大戦の時と同じで、石油の備蓄量が仮想的国問題に繋がる訳である。仮に仮想敵国が発生している場合なら、種子島宇宙センターから大陸間弾道ミサイルに日本製の核弾頭を搭載して発射することになる。これは、もう全面戦争を誘発しかねい状態である。市ヶ谷防衛省は仮想的国に対する戦闘要綱を作成しているのだろうが、一体どこで、いつまでの期間の戦争を考えて集団的自衛権を論議しているんだろうか?それとも、現実的な面から考えると、集団的自衛権の問題は今や、皇位継承問題にすり替わっているのだろうか?
麻生太郎副総理兼財務相の“いじめ発言”の核心は、創価学会の折伏活動にある。それを、差し置いていじめ問題の根絶はありない訳である。麻生太郎はいじめる側だから、いじめ問題では加害者側である。それよりも、麻生太郎の「堅忍不抜」の色紙はどうなったのだろうか?前にも申しました様に、「堅忍不抜」はその人が生まれながらにして持っている性質で、これから身につけて行くのなら【孰堅忍不抜(けんにんふばつ たれ)】であり、仮想敵国があったとしても、なかったとしても耐え忍ぶ問題なら【堅忍持久】を麻生太郎は云わないで、創価学会の体質“折伏”から発生している「いじめ」問題と集団的自衛権を同じレベルで発言しているのは、やはり、集団的自衛権を上奏したのは公明党=創価学会と云う訳である。
『人間主義』を宗教思想の基本に置く、日蓮正宗信徒団体「創価学会」は、人間主義である以上、「神の存在は否定する」はずであるから、当然伊勢神宮の「清子内親王の現人神主義」は断固否定すと思うのだが、なにしろ教義が猫の眼の様に換わるから、宗教の話しができないが、文化庁は創価学会を宗教法人だと認可・認証・許可しているのである。実に中身のないのが文化庁である。
そう云えば、先の麻生太郎副総理兼財務相のいじめ「勉強ができない、けんかが弱い、金持ちの子、これがいちばんやられる」、「学校で一番いじめられるやつっていうのは、けんかが弱い、勉強もできない。しかも貧しいやつ。三つそろったら丸腰」と云う発言は、文化庁初代長官だった“今日出海”が、埼玉会館ホールで講演した時の第1声「私たち今兄弟(今東光/日出海)をいじめないで下さい」と同じである。今東光・日出海兄弟は随分と国民を虐めていたことの裏返し言葉だったわけだから、麻生太郎(皇族)も今日出海(華族)と同じ立場にある訳である。
ところで、パナソニック提供のテレビドラマ「水戸黄門」に登場する“うつかり八兵衛”は、役を演じる為に苦労しているのだが、今回の「うつかり八兵衛=石原伸晃」の場合は役を演じたのではなく『本心』だから、お隣で御局さまに監視されながら、謝罪会見を行って辞任を逃げ切っている。松本龍復興大臣はサングラスやサッカーボールなどで、演技をして世間から顰蹙(ひんしゅく)を買って辞任している。演技をすれば辞任で、本心を云えば、許されるそれも被災者にとっては、傷口に塩を塗るような耐え難い侮蔑であってもである。いずれにしても石原伸晃は菅直人と同じで、取り返しのつかない事件をやがて誘発する事は確かである。自民党は今のうちに閉職処分にでもしておけば良いのに、それもできない。と云う事は国会議員はもはや全てが人材不足と云う訳である。それでも、国民はマスコミが流す扇動報道の嘘を信じ続けていくのだろうか?政治歌舞伎は真実に写り、本心が詭弁にすり替わって上滑り状態でも、未だに政府は水戸の御老侯よろしく、国民の正義を代弁してくれていると云う幻想から抜け出せない訳である。為政者はいつの時代でも、常に「自分の側の正義」を国民に押付けてくるものである。

 タイトルを《第69章 日本と世界の架け橋 禅僧“ネルケ無方”その16》とした以上、少しだけでも日本人が奴隷として「ポルトガル・スペイン・アルゼンチン・ブラジル」に売られていた問題を書いて置くことにする。
それでは、日本人奴隷貿易については、1932年(昭和7)7月11・12日の朝日新聞記事【通商秘話 ー日本人奴れい海外輸出考ー 上下 井澤 實著】で次の様に述べられている。

1932年(昭和7)7月11日 朝日新聞 東京 9面
【通商秘話 ー日本人奴れい海外輸出考ー 】上 井澤 實
大正14年の暮、アルゼンチン駐剳の日本公使 諸井六郎氏が、同国を視察せられたことがあった。その時、古都コルトバ市を訪(と)はれたところが、同地の大学では、歓迎の意を表すために、日ア国交の最初の記録として、17世紀の初葉、同国へ売られて行った日本人奴れいの売買詔書をお眼にかけたのである。筆者は同公使の指示によってその古文書の写しを先輩の三上博士にお送り申し上げて置いた。現在は史料編纂所に保存されてゐる相である。証書の写は今一寸筆者の手許には見付からない。確かな年代は覚えてゐないが、ただその奴れいが数名がフランシスコと呼び、ポルトガル系のユダヤ人の手を経て売られて行ったことだけは覚えてゐる。
△16世紀の中葉以来約百年間、日本とポルトガルとの間に盛んに通商が行われたことは周知の事実であるが、その取扱商品の一つとして奴れいのあったことは、筆者はその時始めて知った。
その後日ポ両国の通商史の資料を漁ってゐると、織田、豊臣、徳川時代に實に多数の日本人奴れいが海外に輸出されてゐる記録にぶっかったのである。ポルトガル人は既に支那人を奴れいとしてインドや歐洲方面に伴って帰った形跡がある。
御史邱道隆例●の上奏に佛郎機即ちポルトガル人の残虐振りを述べて「先年潜遺火者亜三、 充浦刺加便臣、風飄致、往来窺伺、塾我道塗、略買小兒、烹而食之、・・・・」といってゐるが 烹而食之というのは、事情を知らなかったためで、實は小兒達が船に積んで遠くへつれて行ってしまはれたことをいったのであろう。
△日本においても戦乱に次ぐに戦乱をもってした当時のことであるから、生活の困難もあったし、人命を軽んずるという気持もあったらう。又年期奉公の様な積りで、親達はその子供達をポルトガル人に売払ったこともあろう。又朝鮮征伐の捕りよ等も多くポルトガル人に売られて行った。
日本人を奴れいとすることで迷惑したのは聖フランシスコ・ザビエルによって開拓せられた所の日本の布教に従事してゐる耶蘇会派の僧りょであった。ポルトガル商人が日本人を奴れいにして買いれることを阻止しない分には、将来は必ず布教の上に迷惑が来ると思った。
△インドにおけるポルトガルの植民帝国の首府ゴアにおいてしばしば催された宗教会議において必ずこのことが問題に上り、その都度ポルトガル国王に上奏が奉られた。
その結果1570年9月20日付の勅令をもってドン・セバスチアン王は日本人の捕獲及び奴れい売買を禁止してしまった。その勅令を逐次訳すれば左の通りである。
「朕本勅令ヲ見ル有衆ニ示ス、朕ノ得タル報道ニ依レバ、汝等はインド方面ノ異教徒ヲ捕獲シタル趣ナリ、ソノ結果不都合ヲ生ズルコト多カルベク、又前記ノ捕獲ハ正当トハ認ムルヲ得ザルノミナラズ、主トシテ前記異教徒ノ改宗(カトリックに改宗することをいふ)ノ障害タルベキニ付将来如何ナルポルトガル人モ日本人を売買スルモノハモチロンコレヲ捕獲スルコトヲ得ズ。モシモ日本人ヲ売買シ又ハ捕獲シタル場合ニハ売買サレ捕獲サレタル日本人ハ自由ヲ回復スベク、一方日本人ヲ捕獲シ又ハ売買シタル者ハソノ全財産ヲ没収シソノ5割ハ政府及び王室ニ帰シ、残余ノ5割ハコレヲ訴へ出タル者ニ授与ス。」

1932年(昭和7)7月12日 朝日新聞 東京 9面
【通商秘話 ー日本人奴れい海外輸出考ー 】下 井澤 實
日本人奴れい売買及び捕獲は一片の勅令位で中々禁止は出来なかった。日本人が従順であることや、黒人や馬来土人(マレーどじん)に比して怜悧であることなどの理由によって特に珍●せられ、日本に来航して来る商船隊の司令官が、インドのゴアやポルトガル本国へのもっともいい土産とされてゐたらしい。又彼等冒険者の妻妾として買われた女もあった。ポルトガル人の使用人となってゐる黒人や馬来土人ですら日本人や朝鮮人を奴れいに買いいれることが出来たのである。日本人が奴れいとして海外に輸出せらることに対して、当時の日本の為政者も大いに憤慨したやうである。× 1599年2月20日付で在日本の司教が長崎から耶蘇会のポルトガル地方管区長に宛た書簡の中に「ポルトガル人は飽くなきどん欲のとりことなりて日本人及び朝鮮人を商品となし、ほとんど無代に等しき代償を支払ひて毎年輸出を致しをれる所、当方面キリスト教徒の悪評を買ひをるため、その不正及び良心のか責に対する決譲を昨年陛下に対し御送付申上置きたり、昨年は例年の恒例により何人も許可なくして奴れいを携へ帰ることを禁じ破門を以て罰することとなしをり、現在に到る迄何人にも、もちろん商船隊司令官に対しても許可を与へ居らざるを以て当方面の事情は大いに改善せられたり、一旦前記の許可を与ふるにおいては、破門の義も守らざるに到り、出来得る限り多数の青年男女を輸出すべければなり。絶対的に輸出禁止を行ふため、在天のドン・セバスチアン王の下し賜はりたるに拘はらず、当方面においてじゅん守せられざる本件関係御勅令を再確認になされんことを陛下に請願し置けり。本件に関する決議を携へてヂル・ダ・マッタ師帰国するにつき尊師も右を御覧相成るべく宗務協議会において御協議の節は是非共御尽力をお忘れ相成らざるやう致したし。これ神に仕ふる道にして又当方面キリスト教徒の利益なればなり。」
×ポルトガル国王フイリップ2世は、1605年9月インド副王に与へた御勅 によって、ドン・セバスチアン王の勅令の励行(れいこう)を命じてゐる。
アルゼンチンへ売られて行った日本人奴れいも矢張こんな方法によったものであらう。●門、ゴア邊にも多数の日本人奴れいがゐて日本人奴れい解放問題は、ゴア在留のポルトガル人に恐慌を起こさせた。
ポルトガル国へも同様多数の日本人奴れいが輸出せられてゐたらしいことは、耶蘇会派の名僧知識として知られてゐるアントニオ・ヴイエイラ師(1606ー1697年)がその著書「アルテ・デ・フルタール」中において法律哲学に言及して「法律といふものは、あってもその違反者は絶えないものである。例へば、日本人奴れいにすることを禁止する法律が制定されてゐるにも拘はらず、ポルトガル国内に多数の日本人奴れいの存在する事実によっても、これを證することが出来る。」といってゐるが、即ちこの事実を裏書きしてゐるものである。(完)

*御史邱道隆例●ー明時代の人

 上記の文章を書いた“井澤 實”氏は外務省関係者なのか略歴は分からない。ここで述べられている「アルゼンチンに奴隷として売られて、裁判で自由を勝ち取った人物とは、“フランシスコ・ハポン(21歳)”の事である。ネット上にある在亜日系団体連合会(FANA)のHP『アルゼンチン日本人移民史』の紹介記事に次の様にある。

【フランシスコ・ハポン奴隷の売買契約書】
1596年7月16日付の奴隷売買契約書によると、「コルトバ在住の奴隷商人 D・ロッペス・デ・リスボアがM・デ・ポーラスという神父へ、日本州出身の日本人種、名はフランシスコ・ハポン(21歳)、戦利品(捕虜)で担保なし、人税なしの奴隷を800ペソで売る。また買い主もこの価格で満足して買い取る」とある。これに対しフランシスコ・ハポンは「自分は奴隷として売買される理由はない、従って自由を要求するものである」として裁判へ起訴し、2年後裁判に勝ち、自由の身となったとされる。(「1588年から1610年までのコルトバにおける奴隷売買状態」C・アサドゥリアン著、コルドバ大学発行、1965年)この奴隷売買契約証と裁判起訴状などの原文は、コルドバ州立古文書館に保管されている。

この“フランシスコ・ハポン”の記述は有名らしく、奴隷売買の本には記述がある。しかし、これでは“フランシスコ・ハポン”以外の奴隷は自由の身にはなれなかった事になる。つまり、アルゼンチンの裁判所で「自由の身」を勝ち取れたのは何故なのか? 何故それが“フランシスコ・ハポン”ただ一人と云うことになるのだろうか?この裁判費用は“フランシスコ・ハポン”自身が工面できたのだろうか?1596年当時の時点で、西洋(アルゼンチン/スペイン/ポルチガル)の法律制度を理解する機会を“フランシスコ・ハポン”は何処で学習できたのだろうか?“フランシスコ・ハポン”から271年後の1867年(慶応3)にアメリカのオークランドで“奴隷契約証にサイン”した、後のダルマ蔵相“高橋是清”ですら、“奴隷契約証”の無効を勝ち取る為に、友人ー知人ー領事館まで駆け巡って、はじめて裁判所で、奴隷契約証は取り戻せたが、契約者ヴァンリードの所に契約金「3年期50ドル」を支払っている訳である。{後述(近代世界と奴隷制 322頁)するが、日本人移民は奴隷と同じ環境であった。}長崎で「耶蘇教徒26人が磔刑」なった年から、幕末期の「お陰参り=ええじゃないか」騒動が起こるまで、世界中で奴隷売買は途切れることなく行われていた事に成る。そして、現在でも偽装結婚などの形で、人身売買は行われているし、所沢 医療法人芙蓉会 富士見産婦人科病院事件で行われていた「卵子・精子」売買や、臓器売買と日赤の血液ビジネスなども、人身売買と同等の生体売買は、奴隷商人と同じことをしている訳である。国際社会では「著作権」を囂(かまびす)しく云って、著作権者を護っているというが、こと真の意味での個人個人の人権や生存権に対しては、日本は特に無神経な訳である。それは、橋下徹が従軍慰安婦の正当性を連呼し、従軍慰安婦制度の原因となった「シベリア出兵」を聖戦とする思考でも証明されている訳である。

2014年6月24日(火)
その他のニュース
1、橋下大阪市長「とんでもない」「アウト」 都議ヤジ発言
2、米国務長官がイラク電撃訪問、ISILとの戦いに支援を約束
3、東京・豊島区の池袋駅西口の路上で、車が歩道を暴走して歩行者を
  次々とはねた。運転していた男は、埼玉県吉川市の自称、飲食店
  経営、名倉佳司容疑者(37)で、調べに対し「脱法ハーブを吸っ
  たあとに車を運転していて人をはねた」と供述

 榎本 東州 記

【追 加 文】
 上記で書きました《2014年6月18日政治テレビドラマ『水戸黄門漫遊記』》に少し補足致しますと、水戸光圀役を演じました「みんなの塩村文夏(あやか)議員(35)」と、佐々木助三郎役の「自民の鈴木章浩(あきひろ)議員(51)」とは、誰を演じているのか?と云う問題であります。塩村文夏は「みんな」と報道されているので「国民のみんな」の意見として、皇位継承権を誰に決めるのか?となるが、国民は都議会の永田村芝居を見せられているだけで、シナリオの内容をしらない訳だから、「みんな=国民」には当てはまらない。それでは、清子内親王の皇位継承権問題を提起した人物を“みんなの塩村文夏”が演じているのだから、皇室典範会議の議長は常陸宮正仁親王殿下・同華子殿下夫婦と云う訳だから、清子内親王殿下を伊勢神宮の現人神として、正当な皇位継承の血筋を残す様に画策しているのは、父親である常陸宮正仁親王殿下となり、これに対して、「(子供が)産めないのか」と発言しているのは、夫人の常陸宮華子殿下である。常陸宮華子と正田美智子(現在は影武者)の争いが元凶である。いいじゃない!常陸宮華子殿下も美智子皇太后と同じ位に外に沢山の子供が居る訳だから、それも、事件物に成っている所沢市の「医療法人芙蓉会 富士見産婦人科病院」即ち宮内庁直轄の産婦人科病院で産んでいる。その筆頭が富士見産婦人科事件の主役“北野早苗(胤は明治製糖の“相馬半治”で、母は皇族“北白川”)と華子殿下の間にできた絶対音痴の歌手“山口百恵”であり、将棋名人の“羽生善治”もそうである。羽生善治の胤は永世棋聖の“米長邦雄”である。羽生善治が名人を張れるのは、米長邦雄が羽生善治のライバルとなる佐藤康光と森内俊之を潰して置いたからである。だから、今回5月21日ニュースとして〔<名人戦>羽生、4戦全勝で奪取 史上初3回目返り咲きー4連勝で4期ぶり通算8期目の名人返り咲きを果たし、感想戦で対局を振り返る羽生善治新名人=千葉県成田市の成田山新勝寺「奥殿」〕と云う報道になっている訳である。そして、羽生善治の妻になった芸能人“畠田理恵”が離婚を切り出しても、米長邦雄が「皇室は離婚を認めない」と云って、離婚させてくれない訳である。絶対音痴の“山口百恵”に比べて、絶対音感の“中森明菜”は誰の子なのだろうか?母親が越路吹雪(本名:内藤美保子)の“追っかけ”していたと云うのである。中森明菜(清瀬市、実家は中華料理店)は1966年生まれだから、越路吹雪は1924年生まれだから1966-1924で、42歳の時に中森明菜を産んだ事に成る。高齢出産だが産めない年ではない、つまり初産ではないと云う事である。それでは、相手(胤)は誰なのか?日本財団系の音楽事務所が身柄を引き取って、3億でも4億円でも湯水の如くに投資している事を考え合わせると、笹川良一(1899年生)の可能性がある。胤が笹川良一だとして、1966ー1899=67歳の時の子供が“中森明菜”と云うことになる。越路吹雪の金銭感覚の無さと、中森明菜の金銭感覚の麻痺は生き写しである。その原因は越路吹雪のスポンサーが笹川良一=日本船舶振興財団(日本財団/東京財団)だからである。中森明菜の絶対音感と生立ちの複雑さに国民はブラウン管を通じて熱狂させられている訳である。日本中の女性は、芸能人越路吹雪を真似してご主人以外の男性の胤を宿しても、日本の女性たちは感覚が麻痺させられて性のモラルが崩壊しているのである。デラ・デラバリアーとね。常陸宮華子殿下の非嫡出子でなくて“よござんした”ね。皇室や高貴方々の真似を国民に強要しているのか?国民が望んでいるのか?ハテ サテ!鶏が先か?卵が先か?論争では困る訳である。創価学会や立正佼成会の信者にして、原田祖岳の“女たらし”と云う修行が仏教ですからね。キリスト教のバチカン・イエズス会も同じである。
さて、この《2014年6月18日政治テレビドラマ『水戸黄門漫遊記』》の緞帳が切って落された時期を考えると、6月10日に宮内庁から薨去(こうきょ)の報道がされた【桂宮宜仁親王殿下】の問題に関係している訳である。皇室典範会議の議長に対して、典範会議の議会要綱に関係なく、明仁天皇・美智子皇太后の影響力がないのは、影武者が演じていると云う理由だからです。美智子皇太后は秋篠宮文仁親王殿下(胤は細川護煕)を玉座に座らせたかったのですが、それでは、徳仁皇太子(これも浜尾の親族が影武者で演じている)・雅子夫婦が納得しない訳であります。この争いが東日本大震災の人災被害を拡大させていることは確かであります。今や天皇皇后から皇族・華族の大半は影武者達がその代役を演じている次第であるのも拘らず、皇室典範会議が最高裁と繋がっていたりする為に、司法が捩じ曲げられている訳です。マアー司法制度が法律制度と云う訳ではないのでしょうから。
 そして、《2014年6月18日政治テレビドラマ『水戸黄門漫遊記』》で、“かげろうお銀”役を演じている「自民党の野田聖子総務会長」の発言が<「とても不愉快。成長戦略の一丁目一番地は女性の活躍。仮に自民党議員のヤジであれば、安倍晋三首相の成長戦略を否定しかねない発言だ」>と云うのだから、野田聖子総務会長は明らかな脳天壊了(ノーテンファイラー)である。それは、皇室典範会議という蚊帳の外に置かれているからである。それに比べて、日本維新の会代表 橋下徹大阪市長の発言は“蚊帳の中”である。つまり、日本維新の会を主宰しているのは、皇族組と云う訳だから、弁護士 橋下徹は何を発言しても、何を行っても無軌道な言動が通る(徹)訳である。法治制度の外の居られるのは、裏で華族と皇族に繋がっているからである。

 次は橋下徹のライフワークである「従軍慰安婦」の問題であるが、産経新聞6月26日朝刊に『元米軍慰安婦122人提訴 1人100万円 韓国で初の国家賠償訴訟』とある。4等国民の韓国人が韓国政府を相手取って訴訟を起こすと云うのだから、政府相手に本気で裁判を起こすのなら、日本・アメリカを追い越して、1等国民の精神である。日本も韓国の国民に負けない様に、1等国民の精神で政府と対座したい所だが、与党も野党も同じ穴の狢だから、政治歌舞伎で終わる筈であるが、一応知らない国民に発言して置くならば、韓国の女性達がアメリカ軍の慰安婦として扱われていた時代でも、朝鮮戦争の時代でも、日本の米軍キャンプがあった朝霞市の「キャンプ・ドレイク」(米国の諜報機関があった。その関係で現在も陸上自衛隊教育隊ー通称陸幕2部情報機関がある。)では、日本政府が主導して韓国と同じ「米軍用 慰安婦所」が設置されていた訳だから、日本婦人団体も韓国人に負けないように「慰安婦の人権問題に関して政府(安倍晋三)訴訟」を起こすべきである。野田聖子総務会長は金玉が付いているから女性の味方はしないだろうし、脳天壊了(ノーテンファイラー)では仕方ないでしょ。この政府は腐り切っているから。右も左も同じ事しか考えていない訳である。

さて、先に創価学会の「人間主義」と云う事にふれた。これは、所沢市並木地区の創価学会の指導書に記載されていたものである。全国の平和会館・文化会館・学会員の自宅などでの会合で広く教義として流布しているものである。非常に単純化された文言で、文章の合間合間に「人間」と云うフレーズ(言葉)が繰り返し挿入されているのは、ヒトラー演説の大衆扇動術の演説と同じパターンである。繰返し繰返し「人間」と聞かさせると、何となく「人間なんだ、犬猫じゃ無いんだ。だから創価学会の人間主義はすばらしい物なのんだ」と思考が単純化される訳である。それは滝川クリステルの「お・も・て・な・し」流と同じ、中身のない「に・ん・げ・ん」と云う訳である。だから、公明党は好んで国民を「大衆」と連呼する訳である。池田大作は難しい哲学をしているが、発言は至極単純化されているしかも「批判」が強い訳である。だから、パスカルの様な考えに考え抜かれた思考としての『人間は考える葦である』とは云わないし、創価学会員は「勝利と、ビクトリーと、折伏と、釣り上げる」等々の程度の思考しかない訳である。
それは、次の様なスローガンである。
創価学会 所沢市並木地区の大衆扇動戦略。
1999年1月
創価学会の支部スローガン
○境涯革命で地域勝利の輪を!
組織が強くなるのは人を育てることで、人を統率すること、それには、最初に●●して家庭を訪問をする。ただいくだけではなく、
1、対話を重ねること。
2、人間関係をつくること。
3、一人で家庭訪問するような時は、部員さんを引きつれて行なうこと。
連絡と報告だけをするのではなく、話題を引き下げて行くこと、それが、選挙と折伏・(聖教/公明)新聞の(購読契約)結果を出す事が出来る。
4、忙しくても、家庭訪問をし、そしてお題目を学び、部員さんの幸わせを願い、愚痴を言わずやっていく。
5、部員さんには、自分自身が感動している話しをしていく。
6、(池田)先生のスピーチを感動して読んだ所を訴えていく、閉じた心を開いてくれるのである。
7、結果次第である。
8、部員さんの良い部分を最大限に尊重して激励していく。
9、仏法者として、どんな部員さんであろうと、未活動家であろうと、その人のために題目を唱える。
10、組織の温かさが大事である。
以上が、人材を立たせる要目である。

1999年2月
すべて男子部、すべての責任は男子部が背負って行く、四者に関係なく。
団結が大事。
愚痴は一切言わない。
使命を感じて、戦っていく。
圏男・本部長に呼 を合わせる。
邪見に走らないこと。
本部長の指揮しだいで部は決る。

本来仏法は人間主義である。
本当の指導者は、人間としてのつながりをつくるのが直 のあり方である。戸田先生も自分以上に弟子を偉くさせようとするようにした。だから、私は自分以上の社会の人材となるように教育し、歩み寄って指導している。20世紀は力の世紀、戦争の世紀であった。男性の愚かな力の世紀でおわっている。これからは、女性の世紀、女性の時代をうみだしていかなくてはならない。・・・『21世紀は、人間復権の時代だ。人間が人間らしく生きていく社会。人間が人間らしく生きていける平和を追及する時代になった。21世紀は人と人の繋がりを立派につくれる時代だ。個人と個人の信頼関係を立派にむすべられる人材に成って行くんだ。・・・第三の千年への大行。・・・人間主義は人間として人間らしく人間としてお互いに協調しあって行くんです。平和が仏法の根本であって、仏法はあくまでも個人の幸福と平和をめざしていく、ゆえに創価学会は平和のためにつくり、そのために人間と人間がかかわりあってゆく。人間と人間の信頼関係が  求めてゆく。』

ビクトリーボイス
本陣任務
西山じゅんじ(政治家 公明党)
高橋こうせい(政治家 公明党)

3月14日
航空公園の野外集会には友人を連れて来る。そして折伏をする。
席は2,000席、芝生が2,000に座る。
総収容4,000人。一発で1,500には釣れる。

以上の様な大衆扇動策である。この中で、『すべて男子部、すべての責任は男子部が背負って行く、四者に関係なく。』と云っているが、第2次世界大戦は男子が始めたとも云っている。この話しの前後で真逆の思想が展開されていることになる。21世紀は女性の世紀だとまで云うのなら、日本維新の会の「橋下徹 大阪市長」の言動に抗議すべきだが、それはしない。それは、学会の男子部に制御されているからである。女性の世紀(性器)をうたいながら、女性幹部は女性部員を差別している図式がそこにはある。
又、冒頭の「境涯革命で地域勝利の輪を」と云うスローガンが一体何に対しての「地域勝利」なのだろうか?市民には理解不能な閉鎖された日蓮宗主義なのかと思ったたら、「本来仏法は人間主義」だと云う教義にすり替わっている。【仏教はお釈迦さんの悟り】と云うのが世界の宗教では認識されているが、創価学会だけが世界の認識と見解を事にしていながら、学会員は「人間革命ー境涯革命ー人間主義」とか創価学会の幹部にとっての『御都合主義ー御都合革命』ばかりを連呼されて、学会員は思考的しているから、お題目として「人間革命ー境涯革命ー人間主義」を日夜連呼する羽目になっている。しかも、「革命ー勝利ービクトリーー第三の千年への大行」までとヒトラーの千年王国宣言までしている。それでいて、平和だと云われて何んの疑問も抱いていないのである。革命は戦争としての革命ではなく、人間革命ー境涯革命の革命なら、その内面的な革命はどのようにして行ずるのか?分からない訳である。日蓮正宗なのだから、「南無妙法蓮華経」を1日千回となえると人間革命になるのか?境涯革命に到達できるのか?これを実行した幹部はいるのか?誰も知らない訳である。航空公園の野外集会で「総収容4,000人。一発で1,500には釣れる。」と云うのはマルチ商法で、羽毛布団を強制購入させる手口そのままである。だから、人間主義なのだろう。人間の弱みにつけ込む暴力団である。だから、県営所沢パークタウン武蔵野団地はヤクザ者しか居住していない訳である。それも県知事公認と云う訳である。榎本東州の全財産を強制執行した埼玉県住宅課 強制執行室“千島務”は、単に県庁職員というのではなく、原田祖岳の弟子“井上義衍”の門下(川越市)で長く座禅していたと云う履歴の持ち主である。どちらにしても埼玉県庁職員もその大半は創価学会員の「革命ー勝利ービクトリーー第三の千年への大行」主義である。「創価学会の人間主義」が辿り着く所は、戦争である。

本日、6月26日のニュース
【北が短距離の飛翔体発射 日本海に向け3発】
 北朝鮮は26日夕方、日本海に向けて短距離の飛翔(ひしょう)体を3発、発射した。

北朝鮮は、「アメリカ帝国主義を見破る」と云っているのだから、仮想的国はアメリカ合衆国である。それなら、アメリカに向けて大陸間(弾道)ミサイルを連続発射すれば良いのに、何を血迷って日本や韓国を挑発する行動に出ているのか?理解に苦しむ訳である。これなら、北朝鮮の仮想的国は「日本」である。それでは、日本政府の集団的自衛権における仮想的国は、横田早紀江が血迷って発言している「北朝鮮」なのだろうか?つまり、集団的自衛権の法整備を急いでいるのは、横田早紀江・滋という「梨本宮方子(李方子)と李 垠殿下」の血筋となる訳であるし、日本の所謂「調査捕鯨」で捕獲された鯨3,600頭は北朝鮮の人民の大切な栄養源になっている上に、日本人は北朝鮮政府の国庫の為に、日夜マルハン等のパチンコ屋に足繁く通っている訳である。悪戯に危機を演出して、集団的自衛権を正当化しようとしているのは、実は安倍晋三首相・麻生太郎副首相ら日本政府自身なのである。今回の北朝鮮の短距離ミサイル攻撃について、<村役人:麻生太郎副総理兼財務相は、21日宇都宮市であった自民党栃木県連の会合で、集団的自衛権に言及。「勉強ができない、けんかが弱い、金持ちの子、これがいちばんやられる」「学校で一番いじめられるやつっていうのは、けんかが弱い、勉強もできない。しかも貧しいやつ。三つそろったら丸腰」>と云っている訳である。何度も申しますが、日本・南北朝鮮は「結合双生児」なので有ります。だから、自分で自分の頭を殴って、北が悪いとか!アメリカが悪いとか!世界が悪いとか!自分が産まれたのは人が悪いと云っている訳で有ります。実に子供じみた論理である。

2014年6月26日(木)追加校正 榎本 東州 記

*旧文章
<非常に単純化された文言で、文章の合間合間に「人間」と云う言葉が繰り返し挿入されているのは、ヒトラー演説の大衆扇動術の演説と同じパターンである。だから、公明党は好んで国民を「大衆」と連呼する訳である。それは、次の様なスローガンである。>
*訂正後の文章
<非常に単純化された文言で、文章の合間合間に「人間」と云うフレーズ(言葉)が繰り返し挿入されているのは、ヒトラー演説の大衆扇動術の演説と同じパターンである。繰返し繰返し「人間」と聞かさせると、何となく「人間なんだ、犬猫じゃ無いんだ。だから創価学会の人間主義はすばらしい物なのんだ」と思考が単純化される訳である。それは滝川クリステルの「お・も・て・な・し」流と同じ、中身のない「に・ん・げ・ん」と云う訳である。だから、公明党は好んで国民を「大衆」と連呼する訳である。池田大作は難しい哲学をしているが、発言は至極単純化されているしかも「批判」が強い訳である。だから、パスカルの様な考えに考え抜かれた思考としての『人間は考える葦である』とは云わないし、創価学会員は「勝利と、ビクトリーと、折伏と、釣り上げる」等々の程度の思考しかない訳である。
それは、次の様なスローガンである。>

2014年6月28日(土)上記に加筆訂正 榎本 東州 記

この記事は第69章 日本と世界の架け橋 禅僧“ネルケ無方”その16に投稿されました タグ: . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。