豚と真珠

豚と真珠(手紙版)
洞爺湖サミット(7/7~7/9) が終了した途端に、大分県から「教職員採用」不正疑惑問題が報道され、芸能人 山本モナと野球選手との不倫騒動から、一転日本サッカー協会の新会長に犬飼基昭(66)が就任すると言う報道である。犬飼基昭は湘友会(葉山・逗子)の二宮寛と関係が深く、又「新しい教科書を作る会」のメンバーでもある。当然、東京都知事 石原慎太郎とも面識がある筈である。だから、石原慎太郎が徳仁皇太子のスペイン訪問(7/16から8日間)問題に関して“宮内庁如きが僭越だ”と息巻いている理由が、国民には理解できない訳だが、<教職員不正採用問題も山本モナ騒動も日本サッカー協会を巡る人事(金銭疑惑)問題・自衛隊員が水の無いプールで死亡や連日の司法警察職員の拳銃自殺等>全て“明仁・美智子・徳仁・雅子・秋篠宮・紀子・高円宮久子・黒田清子・・・・自民党・民主党・公明党(創価学会)・日本共産党等々の国会議員”の皇位継承権問題(正確には皇室存続問題)の権力闘争でしかない。それを、或る司法関係者がネットで「日本は戦争状態である」と書いている。秋葉原の事件(加藤某被疑者)も、この戦争状態の操り人形でしかない。今後最大の問題は中東で『サウジアラビア王国が、本年(2008年)8月8日 北京オリンピック開会式に合わせて、核兵器(水爆)の起爆実験を強行する』事である。日本のメディア(新聞紙、テレビ、ラジオ、インターネット等)は、北朝鮮(拉致問題・韓国人女性殺害)とイラク(ミサイル発射)の悪逆非道を垂れ流している。洞爺湖サミットの議題が、環境から核兵器問題に重心を移動してしまった理由は、中国四川省で“日本政府が、強行した核爆発を地震だと言い張っている事にある”ここで問題なのは、中国と日本政府間での“円借款問題”だけで日本政府(皇室・重鎮政治家)が、地震を偽装した核爆発を強行した優位性である。円借款以外にも優位性があった筈である。それは「08年6月14・15日にサウジアラビア王国大使館(本国政府から通達)で行われた、世界献血デー」と言う摩訶不思議な日赤の献血運動が物語っている。日赤総裁 美智子皇太后は、同日は秋田県の「小坂鉱山で金脈探し」に必死だった。小坂鉱山こそ、日本製原子爆弾製造完成と使用(広島・長崎)に大きく貢献した、満洲中央銀行の武田英克と日本共産党 宮本顕治の妻となった「大森寿恵子(満洲中央銀行総裁秘書室付)」へと繋がる訳だし、満洲棄民やシベリア抑留を謀略した日本共産党の宮本顕治と野坂参三へと続く。更に日本国憲法9条を日本国民に強制した野坂参三の1922年延安活動まで広がる。日本政府が国民を騙し続けているのに、今でも「皇室(国家神道)」だと。馬鹿だね。中国四川省で地震(日本製水爆を内閣情報調査室の直属の特務機関員が起爆させ、地震と偽装した。)直後に、石原慎太郎が平然と“四川省は核施設が在るから”だと。既に人間が終わっている。だから、都民が推薦している訳だ。都民も悪党の仲間(愚留)なのだろう。インターネットサイトーYahooとGoogleで“日本製原爆完成全文”と検索して「禅」を参照。タイトルの豚とは、イスラム教徒は豚肉を食べないが、日本製核兵器を欲しがっている事から「豚」とした。真珠は「日本=皇室」である。日本は価値が高いからである。
2008年7月15日 榎 本 東 州(衛)九拝

この記事は豚と真珠に投稿されました タグ: . このパーマリンクをブックマークする。 コメントとトラックバックは現在受け付けていません。